×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ベトナム 風俗

ベトナム 風俗

ベトナムは、インドシナ半島東側の細長いS字型の国です。
豊かでバラエティーに富んだ自然と女の子を有している国です。
山岳地帯、美しい海岸線を持つビーチ、肥沃なメコンデル タなど、美しい自然は美しい女性をはぐくんでいる。
北部のハロン湾、中部のチャンパ遺跡のあるミーソン、古い街並みが残るホイアンは世界遺産に登 録されており、旅行者にも人気の場所だ。
また最近では、エスニックな雑貨ショッピングとビーチリゾートを楽しむというコンセプトのベトナム旅行がナイトプレイと並び、注目を集 めている。

ベトナムの風俗を知ること、まず第一にそれが大切 です

Vietnamベトナム バーバーバー


ベトナムフォー




チュングエン



Codonベトナム


ベトナムG-1

ハノイの魅力

ベトナム北部に位置する同国の首都。地名の河内は街が紅河デルタの内にあることに由来します。 2008年の人口は約620万人。紅河の右岸にあり、国内の工業の中心地で、農産物の集散地とされています。国の起源は1010年にさかのぼり、それ以降西洋と東洋の融合する魅力たっぷりの街。特に、中国とフランスの影響を強く受け、ハノイの街の建造物には色濃くその影響度合いを見ることができます。見所としては、ホアロー収容所やホー・チ・ミン廟があげられます。また、美食の街でもあるため、伝統的なベトナム料理から、フランス料理、中華料理にいたるまで、あらゆるグルメを楽しめるのがハノイの魅力でもあります。

ベトナム社会主義共和国(ベトナムしゃかいしゅぎきょうわこく)
通称ベトナムは、東アジア・東南アジアのインドシナ半島東部に位置する社会主義共和制国家。
国土は南北に長く、北に中華人民共和国と、西にラオス、カンボジアと国境を 接し、東は南シナ海に面し、フィリピンと対する。
首都はハノイ。

地 理

ベトナムの国土は南北1,650km、東西600kmに広がる。
インドシナ半島の太平洋岸に平行して南北に伸びるチュオンソン山脈(アンナン山脈)の東側に国土の大半が属するため、東西の幅は最も狭い部分でわずか50kmしかない。
細長いS字 に似た国土の形状を、ベトナムでは米かごを吊るす天秤棒に例えている。
天秤棒の両端には大規模なデルタが広がり、人口の7割が集中する。
北のデルタは、紅河(ソンコイ川)によるもので、首都ハノイのほか港湾都市ハイフォン が位置する。南のデルタはメコン川によるもので、最大の都市ホーチミンを擁する。

沿岸の総延長距離は3,260km、北部国境(中国国境)の長さは1,150km、国境の総延長距離は、6,127kmである。

沿岸には北部を除き、島嶼がほとんど存在しない。本土から離れた領土としてホーチミンから約600kmの東、南シナ海に浮かぶチュオンサ群島(スプラトリー諸島、南沙諸島)と、ダナンの約400km東のホア ンサ群島(パラセル諸島、西沙諸島)の領有権を主張している。チュオンサ群島は一部を実効支配し、ホアンサ群島は全体が中国の実効支配下にあ る。ベトナム最大の島は、最西端の領土となるシャム湾に浮かぶフークォック島である。

主要な河川は紅河(支流であるカウ川、ロー川、ダーツ川)、ダンホアに河口を持つカー川、中部のバー川、南部のドンナイ川、メコン川である。 天然の湖沼はデルタに残る三日月湖がほとんどである。最高峰は北部国境に近いファンシーパン山 (3,143m)。アンナン山脈中の最高峰は中部のフエやダナンに近いアトゥアト山 (2,500m) である。

気候

ベトナム全土は北回帰線よりも南に位置し、赤道近 くまで伸びる(本土の最南端は北緯8度33分)。このため南西モンスーンの影響を強く受ける。7月から11月まで台風の 影響を受け、特に国土の中央部が被害を受けやすい。

北部は温帯性の気候であり、4月から10月までが雨期となる。首都ハノイの平均気温は1月が16度、7月が29度である。年平均降水量は 1,704mm。チュオンソン山脈の影響により、山岳地帯では降水量が 4,000mmを超える場所もある。ケッペンの気候区分では、温暖冬季少雨気候 (Cw) に分類されている。

南部は熱帯性気候下にある(ケッペンによる気候区分はサバナ気候=Aw)。平均気温は1月が18度、7月が33度だが、平均降水量は1,000mm と少ない。北部には紅河、黒河(ダー川)、南部には九龍江(メコン川)が広がる。

経 済

1986 年12月のベトナム共産党第6回大会で、社会主義に市場経済システムを取り入れるというドイモイ政策が採択、中国と同様に改革・開放路線へと転換した。1996年の ベトナム共産党第8回大会では、2020年までに工業国入りを目指す「工業化と近代化」を二大戦略とする政治報告を採択した。

政府開発援助と外国投資が経済を牽引している。世界金融危機で一時失速した国内総生産 (GDP) の成長率も、2009年5.3%、2010年6%(予想)と安定成長が続いている。中国では人件費が上昇基調にあることから、新たな投資先として近年、注目されている。 こうしたことからも、WTO加盟が政府にとって重要な目標となっていたが、2007年1月、ようやくWTOに加盟した。

NEXT11やVISTAの一角にも数 えられており今後一層経済の発展が予想されている。

労働人口の66%が第一次産業に従事しているが、近年は第二、第三次産業が急成長。観光業の伸びが特に著しく、重要な外貨獲 得源となっている。

主な輸出品目は原油、衣料品、農水産物。特にコメについては、タイに次ぐ世界第二位の輸出国であったが、現在は輸出制限措置をとっている。

人件費は中国のおよそ6割であり、政府も自国の売り込みを積極的に行っているが、輸送網が良いとは言えず(1988年の 中国と同程度)、また、法律もアバウトである。こうした点から、衣料品など、低付加価値製品の生産が2010年現 在に至るまで主になっているベトナムであるが、サムスンとキヤノンは、莫大な資金を投じてベトナムで電子機器の生産・サービス拠点の建設を進めており、ベトナムが中国に次ぐ 「世界の工場」の座を射止めることが出来るかが世界の企業家から注目されている。

ハワイ 風俗
フィリピン 風俗
アメリカ 風俗風俗
フランス 風俗
グアム 風俗
サイパン 風俗
韓国 風俗
タイ、バンコク 風俗
台湾 風俗
インドネシア 風俗
ギリシャ 風俗
マレーシア 風俗
イタリア 風俗
シンガポール 風俗
ベトナム 風俗
レンタルサーバー